本格除菌をうたうクレベリンをどのように評価すべきか【コロナ対策になるのか】

本格除菌をうたうクレベリンをどのように評価すべきか【コロナ対策になるのか】

大幸薬品株式会社(本社・大阪市)の除菌剤クレベリンは、病院や介護施設にとどまらず、コロナ禍においては自宅やオフィスにも置かれるようになりました。
大幸薬品は二酸化塩素に関する技術で特許を取得し、それをクレベリンに使っています(*1)。

ところが消費者庁が2014年に、大幸薬品に対し、クレベリンの宣伝が優良誤認表示に該当するとして措置命令を出しています(*2)。
この事実を知ると「クレベリンは大丈夫なのか」と感じますが、しかしそれから7年が経過した2021年の今、多くの人がコロナ対策の一助になると考えてクレベリンを使っている以上「大丈夫そうだ」とも思えます。大幸薬品も堂々と「本格除菌」をうたっています。

クレベリンはコロナ対策になるのでしょうか。どのような除菌剤で、どのように使うべきなのか解説します。

*1:https://www.seirogan.co.jp/cleverin/cleverin/
*2:https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_research/white_paper/2014/reference_data_7.html

消費者庁の措置命令の概要と大幸薬品の見解

消費者庁の措置命令の概要と大幸薬品の見解

出典:https://www.seirogan.co.jp/news/

クレベリンの実力を探る前に、消費者庁の措置命令の件を確認しておきます。

消費者庁は不当景品類及び不当表示防止法に基づき2014年3月27日、大幸薬品に「措置命令:二酸化塩素を利用した空間除菌グッズの効果に関する不当表示=優良誤認表示」を出しました(*2)。クレベリンのことを空間除菌グッズと呼んでいます。
優良誤認表示とは、商品の内容について、実際はそうではないのに著しく優良であると消費者に誤認させる表示のことです。

どれくらい大袈裟だったのか

大幸薬品はこれに先立つ2013年に、自社サイトや新聞広告で、クレベリンについて次のようにPRしました(*3)。

  • 簡単、置くだけ! 二酸化塩素分子がお部屋の空間に広がります
  • 置く、掛けるで使える! 自分だけの空間に浮遊するウイルス・菌を除去!
  • 用途 オフィスに 教室に 居室に その他、洗面台、化粧台、ロッカー、食器棚などにもお使いいただけます

この文章だけ読むと、広い空間にクレベリンの小さな容器を置くだけで、ウイルスも細菌もすっかりいなくなるような印象を受けます。
しかしクレベリンには、その印象とおりの性能はありません。
それで消費者庁は処分を下したわけです。

*3:https://www.seirogan.co.jp/news/20140327Cleverin.pdf

表現がまずかったことを認めているが性能には自信

消費者庁の処分を受け、大幸薬品は「お客様をはじめとする関係各位にご迷惑をおかけしましたことを、お詫び申し上げます」と陳謝しています(*3)。
大袈裟な表現であったことを認めています。
ただ、大幸薬品は次のようにも述べています。

今回の指摘は広告表現に関するものであり、製品自体の性能については何ら問題ございません。

つまり、広い空間にクレベリンの小さな容器を置くだけで、ウイルスも細菌もすっかりいなくなるといった劇的な効果はないが、除菌効果はある、と断言していることになります。
では大幸薬品が保証するクレベリンの除菌効果はどのようなものなのでしょうか。

大幸薬品が保証するクレベリンの除菌効果

大幸薬品は、クレベリンの除菌効果を次のように説明しています(*4)。

●クレベリンの限界について
家庭やオフィスなどでは、広さや換気回数、設置場所などの利用状況により、成分の広がりが異なることがある

●クレベリンの除菌効果について
空間中のウイルスや細菌を除去し、カビの生育を抑制し、消臭する働きがある

●除菌効果があるといえる根拠について
自社のほか、研究機関などにも協力をあおぎ、居住空間での実験を行い効果を検証している

そこで現在では、クレベリンを紹介するときに「閉鎖空間で効果を確認している」「利用環境によって、成分の広がり方は異なる」と注意書きをしています(*5)。

*4:https://www.seirogan.co.jp/cleverin/cleverin/
*5:https://www.seirogan.co.jp/cleverin/cleverin/

「信頼できそう」と思わせる社長の弁

クレベリンと二酸化塩素の効果については次の章で詳しくみますが、それを確認しなくても「クレベリンは信頼できそう」と思わせるエピソードを紹介します。

大幸薬品の社長柴田高氏は、医師であり医学博士でもあります(*6)。
消費者庁から措置命令が出たときSNSにクレベリンに対する非難の書き込みが相次ぎ、それをみた柴田氏は悔しく思いました。それは柴田氏に、医療従事者を守るためにクレベリン事業を推進しているという自負があったからです。

クレベリンは空間を除菌する製品です。
柴田氏は外科医時代に、肝臓の手術を担当していました。肝炎患者の手術には、医師や看護師に感染リスクがあり、感染すれば、医師や看護師が肝炎を発症してしまいます(*7)。そして実際に柴田氏の同僚にも、感染して肝炎や肝硬変を引き起こし亡くなった人がいます。
手術室の空間を除菌できれば医療従事者の感染リスクが減る――クレベリンはその一助になればと開発されました(*8)。
大幸薬品はさらに、大林組と共同でクレベリン発生機を組み込んだ手術室を開発しています(*9)。
大幸薬品にとってクレベリンは、そこまでの想いと自信がある商品といえます。こうしたことから、クレベリンがいい加減な商品でないことは推測できます。

*6:https://www.seirogan.co.jp/corporate/company/yakuin.html
*7:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsei/26/4/26_4_222/_pdf/-char/ja
*8:https://toyokeizai.net/articles/-/334771?page=2
*9:https://www.seirogan.co.jp/business/clo2/partner/obayashi/

クレベリンとは、商品ラインナップは

クレベリンが、「容器を置くだけで完全にウイルスと細菌をシャットアウトできるわけではないが、一定の効果は期待できそうな商品である」ということを確認できたところで、この商品の特徴やラインナップを紹介します。

浮遊しているウイルスと細菌を除菌する商品

クレベリンのキャッチコピーは「ういている くっつき ウイルス・菌 まとめて除菌」です。

国民生活センターは除菌の概念について、1)化学的・物理的に微生物を取り除くことだが、2)微生物の対象や除菌効果の程度は公的に定められていない、と説明しています(*10)。
したがって、どのウイルス・細菌を、どの程度除菌しているかどうかは、除菌剤メーカーの見方次第となります。
では大幸薬品は、どの状態をもって「クレベリンは除菌できる」といっているのでしょうか。

<クレベリンの除菌効果(*11)>

  • 6畳相当(25立方メートル)の閉鎖空間に、置き型のクレベリンを置いたところ、浮遊または付着しているウイルスと細菌の一種を180分で99.9%除菌した
  • 除菌できたのはウイルスと細菌の一種であり、すべてのウイルス・細菌を除菌できるわけではない

この除菌効果は、一般の人の除菌に対するイメージに合致するのではないでしょうか。
この記事でも、クレベリンは除菌効果がある除菌剤として紹介できます。

*10:http://www.kokusen.go.jp/test/data/s_test/n-20200515_2.html
*11:https://www.seirogan.co.jp/cleverin/cleverin/

二酸化塩素ガスが出る

クレベリンは、容器のなかに二酸化塩素を含む液体が入っていて、開封すると揮発して二酸化塩素のガスが出て空間を除菌します。
二酸化塩素ガスは、高濃度だと人の健康を害することがありますが、クレベリンは有害にならない濃度に調整しています。

商品は5タイプ

クレベリンの商品ラインナップ
クレベリンには次の5つのタイプの商品があります。

●置き型
置き型は手の平サイズのボトルで、6~8畳の部屋で1カ月の効果が期待できる60gタイプと、8~12畳の部屋で2カ月の効果が期待できる150gタイプがあります。

●スティックペンタイプ
スティックペンタイプは、小型の細長い容器に、ペンのクリップのような「かぎ」がついていて胸のポケットに指して使います。
これで自分の周囲を絶えず除菌することができます。内容量は1gです。

●スティックフックタイプ
スティックフックタイプは、スティックペンタイプより1回り大きく、机やベッドに引っかけて使います。内容量は2.9gです。

●スプレー
スプレーはキッチンや玄関などに吹きつけるタイプです。内容量は300mlです。

●ミニスプレー
ミニスプレーは内容量60mlの小型のスプレータイプです。

二酸化塩素の効果と安全性と危険性

二酸化塩素の効果と安全性と危険性

出典:社団法人 二酸化塩素工業会

大幸薬品が持つクレベリンの特許は、二酸化塩素の濃度を長期間保つ技術です(*12)。したがって除菌効果を有するのは二酸化塩素であり、クレベリンに含まれている二酸化塩素が特別優れているわけではありません。
二酸化塩素の効果と安全性と危険性について解説します(*13)。

*12:https://www.seirogan.co.jp/cleverin/cleverin/patent.html
*13:https://www.seirogan.co.jp/cleverin/cleverin/clo2/about.html

歴史ある除菌剤

二酸化塩素は普通は気体として存在し、塩素のような刺激臭がします。二酸化塩素の除菌力は酸化力によって生じます。酸化力を除菌や殺菌に使うのはオゾンや次亜塩素酸ナトリウムと同じです。
二酸化塩素は水に溶けやすい性質があり、水に溶ければ容易に持ち運ぶことができ利便性を高めています。

二酸化塩素は歴史と実績がある成分で、日本とアメリカでは水道水の消毒に使われています。また、小麦粉を漂白するときにも使われています。
さらに二酸化塩素ガス濃度0.01ppmで、インフルエンザを予防できることも確認されています(*14)

*14:https://www.seirogan.co.jp/cleverin/cleverin/clo2/about.html

どこまでが安全でどこから危険なのかの基準はある

大幸薬品は二酸化塩素ガスがどの濃度までならラットの健康を維持できるのか確認しています(*15)。実験では、二酸化塩素ガス1ppmをラットに1日5時間、週5日間、10週間全身に浴びせた結果、体重や血液や臓器などに異常はみられませんでした。

また水道法では、水道水の二酸化塩素の目標値を0.6mg/L以下に定めていて、食品安全委員会は、清涼飲料水内の二酸化塩素の許容量を1日0.029mg/kg体重と定めています(*15)。

このように、「ここまでの濃度なら安全」「それ以上は危険」という基準は明確に示されています。
クレベリンを含む二酸化塩素関連商品は当然、この基準を守っていると推測されます。

*15:https://www.seirogan.co.jp/cleverin/cleverin/clo2/about.html

二酸化塩素がコロナ対策として期待される理由

二酸化塩素は、日本では、医薬品の消毒剤でも医薬部外品の消毒剤でもありません。
ただ、大木製薬株式会社(本社・東京都千代田区)と東北大学災害科学国際研究所などが2021年3月に、二酸化塩素水溶液に、新型コロナウイルスを不活化する効果があることを証明しました(*16)。
実験では、二酸化塩素濃度50ppm、100ppm、200ppmの3種類の水溶液に新型コロナウイルスを接種したところ、いずれも30秒で99.99%以上死滅しました(不活化しました)。

また大幸薬品によると、中国では二酸化塩素をコロナ対策の消毒剤として使い、水道水、物体表面、厨房用具、食品加工用具、果物や野菜、医療器具などを消毒しています(*17)。

*16:https://www.ohkiseiyaku.com/wp/wp-content/uploads/2021/03/801aeb6583067afba25879870a6c5037.pdf
*17:https://www.seirogan.co.jp/cleverin/cleverin/clo2/about.html

まとめ~過信せず使えば期待できる

クレベリンは、消費者庁の措置命令という「つまずき」こそありましたが、それはPRの仕方が大袈裟すぎたことへの警告であり、クレベリンと二酸化塩素の効果を否定するものではありません。

大幸薬品は二酸化塩素の研究に力を入れている会社で、それは以下の「二酸化塩素実験データライブラリー」というサイトからもわかります。

参考 二酸化塩素実験データライブラリー大幸薬品

その大幸薬品が自信をもって「クレベリンにはウイルスと細菌の除菌効果がある」といっているので信用できると思います。

だからといって、クレベリンだけでウイルス・細菌対策やコロナ対策ができるわけではありません。従来の対策にクレベリンを加えることで防御が強くなる、と考えるとよいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA